Haptic Broadcast

Yusuke Mizushina水品 友佑
Kouta Minamizawa南澤 孝太
Susumu Tachi舘 暲

This research aims to broadcast sports where users are able to not only watch television but also physically feel sports programs. It will record and broadcast the tactile sensation data of the opponent’s racquet or shoes by matching the audio and video. This tactile sensation will then be transferred to the sporting goods embedded with a tactile receiver, which is connected to the television. With this, users can experience watching sports at a closer physical distance.

「Haptic Broadcast」は、テレビを通じたスポーツの観戦を、従来の映像と音声による受動的な「視聴」から能動的な「体験の共有」へと拡張することを目的としたシステムです。競技中のスポーツ選手が感じている触感情報を記録し伝送することで、スポーツ選手の一人称体験を多人数で共有し、追体験することができます。

 

Exhibitions

Eurohaptics 2014 Demonstrations in Paris
福井しあわせ元気スポーツフェスタ2014
日本科学未来館メディアラボ第14期展示「まず!ふれてみよ - テニトルセカイ ツナグミライ -」