HaptI/O

Satoshi Matsuzono松園 敏志
Haruki Nakamura中村 開
Daiya Kato加藤 大弥
Roshan Peirisペイリス ロシャン
Kouta Minamizawa南澤 孝太

We propose the concept of the “Internet of Haptics” (IoH) that enables sharing experiences of others with the sense of touch. IoH allows to multicast haptic sensation from one Sensor-Node to multiple Actuator-Node and to multicast from multiple Sensor-Node to multiple Actuator-Node via the Internet. As a proof of concept, we developed the “HaptI/O” device which is a physical network node that can perform as a gateway to input or output the haptic information to/from the human body or tangible objects. Multiple HaptI/O would be connected on the IoH server and transmit the haptic information from one node to multiple nodes as well as one to one mutual connection so that HaptI/O enables us to share our experiences with the sense of touch.

情報技術と触覚技術の発展に伴い,人の触体験をネットワーク越しに共有することが可能となってきた.このようなネットワーク上における触覚を用いた身体的経験の共有システムの概念をInternet of Haptics (IoH)と名付け,触体験の共有における触覚伝送のプラットフォームの確立を行う.本概念を確立するため,触覚情報を伝送するプラットフォームまた,身体や有体物の触覚情報の入出力のためのゲートウェイとして機能する物理ネットワークノード「HaptI/O」を開発した.複数の HaptI/Oがサーバーに接続され,1つのノードから複数のノードまた,1対1の相互接続を提供することで,HaptI/Oを使用して他者の身体的経験の中で得られる触体験を共有することができる.

 

Exhibitions

第22回日本バーチャルリアリティVR学会大会 (VRSJ2017)
UIST 2017: The ACM Symposium on User Interface Software and Technology


 

More info

松園 敏志、中村 開、加藤 大弥、Peiris Roshan、南澤 孝太, "IP伝送技術を用いた触覚伝送ノード“HaptI/O”の開発", 第22回日本バーチャルリアリティ学会大会, 徳島,2017.9. Satoshi Matsuzono, Haruki Nakamura, Daiya Kato, Roshan Peiris, and Kouta Minamizawa, “HaptI/O: Physical Node for the Internet of Haptics”, In Proceedings of the 30th Annual Symposium on User Interface Software and Technology (UIST '17), pp. 53-55,Québec City, Canada,2017.10. DOI:https://doi.org/10.1145/3131785.3131788