Boiling Mind

Project Lead/Artistic Direction/Dancer: 須川 萌
ScreenPlay/Dancer:Mademoisellse Cinema(竹之下たまみ/蓮子奈津美/古茂田梨乃/中島詩織/須川萌/佐治静/中込美加恵)

Stage Direction:Session House(舞台演出|振付 伊藤直子,舞台監督 鍋島俊介, 照明 石関美穂,音響 宇野愛生)

Technical Direction:古川泰地
Wealable Sensing:
George Chemyshov, Karen Han, Kirill Ragazin, Jamie A. Ward
Technical Operation: 河﨑 勇斗
Stage Design: Yurike Chandra
Videography:有馬 俊
Technical Supervision:Kai Kunze,南澤 孝太
Special Thanks:ASADAMESH inc.

The origin of dance was in "ceremonies" and "festivals" where there was no boundary dancers and audience.
Boiling Mind creates a bond between dancers and audience by using
“sensation sharing” that dancers have unconsciously gained.
During the performance, the audiences wear a heart rate sensor and eye tracking device to generate data that will be visualized later on. The visualization will become a part of the stage design and create the connection between the dancer and the audience.

ダンスの起源は,ダンサー/鑑賞者との境界のない”儀式”や”祭”のなかに あった. Boiling Mindは,ダンサーが無意識に体得している「感覚共有」を演出方法に活用することで,ダンサーと鑑賞者とのボンディングを生むことを目的としたダンスパフォーマンスである.
公演中,鑑賞者は心拍センサ,アイトラッキングデバイスを装着し,そのデータを映像化する.映像は,舞台美術 の一部として, ダンサーと鑑賞者とを繋ぐ.

Boiling Mind 実施映像(2019年11月4日@神楽坂セッションハウス)

 

Exhibitions

[次回公演予定] 2020年3月20日20時~
3月21日14時~/ 18時~
@神楽坂セッションハウス
マドモアゼルシネマ公式ホームページ→ http://www.mademoisellecinema.net/